2017年04月27日

何かとうまくいかない人は「コントロールできないことをコントロールしようとしている」。




先日会社で使っている運送業者で
配送ミスがありました。輸送途中
うちの商品を破損してしまった
ようで、クライアントから受取り
拒否をされたのです。


商品を配送する仕事に関わって
いる人なら分かると思いますが、
この手の運送業者のミスはどう
しても起きてしまうもの。これ
ばかりは正直どうしようもあり
ません。(ちなみにミスの発生
率は1%も無いと思われます。)



そんな中、会社のある人がこの
運送業者に対して「このような
ことが起きないための対策案を
話したい」と言って、かれこれ
20分くらい話をしていました。


「対策案を」と言っても、そんな
ものは業者もプロですから(一応
言っておきますが運送業者は
誰もが知っている大企業です)、
当然あれこれとやっています。


それに対して我が社は社員30名弱
の零細企業。しかもその運送業者
に依頼する件数は1日5〜6件が
せいぜい。そのような零細企業が
「ミスを起こさないよう対策を」
と言っても、運送業者からすれば
「そんなこと分かってるよ」と
心で思いながらも「申し訳あり
ません、今後二度と無いように
社内でも言っておきますから。」
と言って丸く収めるのが関の山
でしょう。


私はこのようなミスが起きた時
に、「対策案を」などと言って
あれこれ言うのは意味が無いと
思います。というより、こんな
ことに対策案も何もありません。

だって事故的な凡ミスはどう
したって起こるものですから。





このように実質的にコントロール
できないこと(もしくはほぼ
コントロール不可能なこと)に
対してコントロールしようと
する人を見ていると、何事も
うまくいかないことが多い

ように思います。


このような人は、コントロール
不能なことには必要以上に
コントロールしようとし、
コントロール可能なことに
対してはコントロールしよう
としない、というのがパターン
のような気がします。だから
色々とうまくいかないのです。



コントロールできないこと
とは、人・状況・結果
ついてです。
このような
ことは基本的にコントロール
できません。(これができる
という人は、どこか無理が
生じているはずです。)


逆にコントロールできること
とは、自分についてです。

自分の言動、行動、学習、
思考などは基本的にコント
ロールができることです。
(難しいことも多々あり
ますが。)





何かとうまくいかない人、
人から距離を置かれてし
まう人というのは、人
(他人)・状況・結果を
コントロールしようと必死
になるのに、自分については
コントロールしようとしま
せん。
自分自身をコント
ロールしようとしないのに
(もしくはコントロール
できないのに)、他人を
コントロールしようとする
のは虫が良すぎるという
もの。だから人から力を
貸してもらえないし、何か
と面倒なので避けられて
しまうのです。






コントロールできないことは、
コントロールしようとしなくて
いい
のではないでしょうか。
その代わりに、コントロール
できる自分自身のコントロール
にスポットを当てればよい

ではないでしょうか。そもそも
コントロールできないことに
エネルギーを注ぐのは時間の
無駄ですし、エネルギーを使う
方向も間違っていると感じます。


コントロールできないことを
コントロールしようとする、
これこそコントロール思考です。
コントロール思考は麻薬と一緒
です。
一度コントロール思考に
なってしまうと脱コントロール
思考になるには大変でしょうが、
まずは「コントロールできない
ことはコントロールしないように
する」「コントロールできること・
できないことを分ける」
ことが
大事なのではないでしょうか。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

不動心 [ 松井秀喜 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2017/4/26時点)



posted by ごくう at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする