2017年02月25日

傾聴はコントロール思考を抑えてくれる



傾聴・・・。


カウンセラーの方でなくても
傾聴という言葉はよく耳に
すると思います。


この傾聴、カウンセラーや
管理職、教師など、人と接する
ことが多い人には馴染みが
あるでしょうが、言葉は聞いた
ことはあるけど実はよく分から
ないという人も多いと思います。


傾聴とは簡単に言うと自分
のフィルター(準拠枠)を
できるだけ取り除いて、
相手の言うことに対して
肯定も否定もせず、でき
るだけそのまま聴く姿勢
のことです。


傾聴してもらうことで
自己理解が深まり、自分
を客観視することで
スッキリしたり問題が
解決したりすることも
あるのです。


傾聴では聴く側の人
からのアドバイスは
基本的にありません。
あくまで話している
本人が自己解決できる
ように導いていく、と
いうスタンスです。





この傾聴、私は産業
カウンセラーの養成
講座で100時間ほど
練習していますが、
なかなか難しいなあ
というのが本音です。


どうしても自分の
フィルター(準拠枠)
が入ってしまう。
これはあって当然で
完全に無くすことは
不可能なのでしょうが、
それでもなかなか相手
目線に立つということ
は今でも難しいなと
思っています。





この傾聴スキルを身に
付けると、聴いている
フリをして相手をコン
トロールしようという
ことが減ったと思いま
す。このような態度は
傾聴ではありませんから、
このような態度に少し
でもなるとカウンセラー
(傾聴)の指導者に
注意され、そこで


「ああ、今自分は相手
に介入しようとして
いたんだな」



と気付くのです。


この傾聴スキルを身に
付ければ、相手をコン
トロールしようとしな
くなるので、人間関係
が円滑にいくことが
増えるのですが、なか
なか「真剣に傾聴を学
んでみよう」という
ところまで行かない
のが普通ですよね。





でももし・・・


「何となく人間(親子)
関係がうまくいかない」


「何だか人とギクシャク
してしまう」


と感じることがあるの
なら、一度傾聴スキル
を学習したほうが良い
かもしれません。


傾聴スキルを身に付け
ることで、相手をコント
ロールしようという
ことは確実に減る
はず
です。


相手をコントロール
しないようにすれば、
自然とうまくいくこと
が増えていきます。



そして・・・今度は相手
だけでなく、状況や結果、
あるいは自分さえも過度
にコントロールしないで
いたほうが物事がうまく
いく
、ということに気が
ついていくのです。


傾聴は脱コントロールの
ベースになると言っても
過言ではないかもしれ
ません。
少なくとも傾聴
を学ぶことでコントロール
思考を抑えてくれる効果
はある
と思います。


傾聴スキルは簡単に身に
つくものではありません
が、興味がある方は一度
学んでみることをオススメ
します。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マンガでやさしくわかる傾聴 [ 古宮 昇 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/2/25時点)



posted by ごくう at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする