2016年11月27日

属性で人を見てしまう人


人の情報には属性があります。


属性とは、性別、年齢、職業、
最終学歴、未既婚、年収などの
情報のことです。


この属性は調査などではとても
大事な情報なのですが、人と人
との付き合いという時は、大事
な面と、そうでもない面の両面
があると思います。


初対面の時はどうしても属性の
情報に影響され、例えば


「男性・50代・警察官」


という人なら、なんとなく怖い
人なのかな?厳格な人かも?
などと思ってしまいがちです。


しかしこれはあくまで属性に
すぎません。
当てはまる面も
あれば、当てはまらない面も
あるのです。いくら


「弁護士・30代・女性」


という人でも、実際会って
みるとほんわかしている人も
いるでしょうし、趣味は可愛い
趣味ということもあるでしょう。





このようなことはいくらでも
あることなのに、いつまでも
属性の情報に捉われて人を
見てしまう人
がいます。


このような人は、目の前にいる
「今その人」を見ているのでは
なく、属性というフィルターを
通して人を見てしまっている

です。


このような見方をしていると
やはり人を見る上で見落とす
所が多く出てきてしまいます。


それでも・・・・属性という
情報で人を見てしまうのです。





このように属性にコントロール
されてしまうのは、あくまで
私の経験上ですが・・・、
その人に強いコンプレックスが
ある
のだと思います。


コンプレックスがあまり無い人、
つまり自分に自信がある人は、
相手がどんな属性であろうと
それほど気にしません。

あくまで「人と人」との接し方
をしてきます。


しかしコンプレックスを強く
感じている人は、常に相手の
属性を気にしており、そして
自分より上の属性の人だったり
属性の異なる人とは一線を引い
てしまう傾向がある
ように思い
ます。


属性なんか関係なく、あくまで
人として見ていれば、自分との
属性の違いなんかはそれほど気
にならないはずです。
人は基本
【違って当たり前】ととるか、
【違うのはイヤな感じだ】と
とるか。
この違いは先にも書き
ましたが、やはり自分への自信
と大きく関係していそうです。


属性にコントロールされて大事
なところを見失わないように
するために、まずは自分に自信
が持てるようにしていきたい
ものです。



posted by ごくう at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月26日

「いきなり結婚族」って・・・・。


昨日NHKの「クローズアップ
現代」を見ていたら、若い人に
「いきなり結婚族」なる人たち
が増えている、ということを
言っていて正直ビックリしました。


▼NHKの紹介ページはこちら

恋人いらないってホント?
出現!“いきなり結婚族”

http://bit.ly/2fZtCgN


付き合う(恋愛)部分はカット
して一気に結婚へ。
そのほうが
コスパが良いとか。
これじゃあ
まるで昔のお見合いじゃないか!


ちなみに私の祖母(現在91歳)
の結婚は、自分の結婚式で
「私の夫になる人は誰なんだ
ろう?ああ、あの人なのか?」

という感じだったそうです。


私の感覚からすると生涯を共に
するであろう自分の結婚相手が
「結婚式まで分からない」という
のは何て封建的なんだ、と思う
のですが、祖父母はうまくいって
いたので、それはそれで良かった
んだなとも思います。





それにしても現代はネットやら
スマホやらで「いくらでも恋愛は
可能」と私は思っていたのですが、
番組を見ていたら今時の若い人は
どうもそうでもない感じ。


これ、きっとLINEの影響もあるん
じゃ?LINEが何かと人間同志を
繋がりすぎにしてるんじゃ?と
私は感じました。



「秘すれば花」と言いますが、
恋愛はやっぱりある程度の神秘性が
無いと面白くない
んだと思います。
20代の恋愛ともなれば自分の人間
としての根っこから来る価値観、
人生観のようなものが出てくる
わけで、それがお互いにぶつかって
恋愛になるわけですから、楽しい
ことばかりじゃないわけです。
でもそれを経験して色々と洗練
されて30代、40代、と大人に
なっていくのだと思います。


でもそれが無い状態で、まるで
会社と会社の契約みたいな感じで
結婚する、って何だか人間として
さみしいような、ドライすぎる
ような感じがする
のは私が年を
取ったからなのか、それとも今
の若い人はそんなにも余裕が無い
からなのか、どちらなんでしょう?





あ、そういえば・・・・・!
知り合いに親が取引先の会社から
婿さんを見つけてきて、それで
20代で結婚した夫婦を知って
いるのですが(この番組の結婚族
スタイルにかなり近い)、何か
「夫婦」という感じじゃなくて
「ビジネスパートナー」という
感じなんですよね・・・・・。
本人たちがそれでいいなら別に
いいんだけど、私から見ると何か
「本当に夫婦なの?」と思って
しまうんです・・・・・。


まあ結婚のスタイルもどれが
正しいってことは無いので、
色々あっていいと思うのですが、
ただ人間と人間の感情が触れ
合って成立する恋愛っていう
のも決して軽くみちゃいけない

ような気がするのです。



posted by ごくう at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月20日

快適♪快適♪


11.6インチの中古のパソコンを
買ってしばらく経つのですが、
これが思った以上に快適です♪


▼買った時のブログはこちら

11.6インチのパソコンを購入
http://bit.ly/2g9xxFU


高額なウルトラブックではない
ですが、重さも1.3キロ程度なら
持ち運びも全然苦になりませんし、
なんと言ってもキーボード入力が
快適!

電車の中で入力してもラクに
打てますし、図書館で入力しても
入力音はほとんど気にならない
レベル。これならどこで使っても
全然大丈夫という感じです。


そして画面の大きさも11.6インチ
だと大きすぎず小さすぎず、ちょうど
いいですね。10.8〜13インチの
サイズはモバイルに本当に適して
いると思います。





あとやっぱりWindowsという
のもポイントかもしれません。

androidのようにいちいちアプリ毎
にアップデートがかかり動作が
遅くなってイライラすることも
ないですし。まあWindowsに
慣れているというのが一番かも
しれませんけどね。


こんなことならもっと早く買って
いれば良かったと思います。

自分にとって今のところスマホは
不要ですが、ブログを書くために
モバイルパソコンは必要な道具。
やっぱりPC系はとりあえず買う
のではなくて、「何をしたいか」
で買うのが正解なような気がしま
した。



posted by ごくう at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月19日

「長く続く関係の人」とはこういう人だと思う



生きていく上で人間関係という
のは、子供も大人も色々とある
ものです。友人、恋人、同僚、
家族、夫婦、どんな関係で
あっても「うまくいく」
いうことはなかなか難しい
ことだと思います。


私も40代になり、人間関係に
ついては若い頃と比べると
ある程度うまくなってきたと
自分では思っています。
これは自然に身に着けてきた
経験ということもありますし、
38歳の時に産業カウンセラー
の資格を取ったことも大きい
と思います。


それでもやっぱり人間関係が
原因でストレスを感じること
もあります。



ではどういう人間関係が自分
にとって良好なのか、今回は
それについて書きたいと思い
ます。





私が「良い人間関係」と思う
人は、例えば食事に誘って
断られたとしても「お互い
何の後腐れも感じない人」
です。


食事に断られたとしても
お互いに信頼関係があれば
別に何とも思いません。
またここも大事なのですが、
お互いに人として自信が
あれば、
断ったとしても
それほど変な感じにはなら
ないのだと思います。


もしこれがお互い信頼関係
もなく、自分に自信も無い
人だったら、食事に誘って
断られたくらいでもかなり
イヤ〜な空気になる
と思い
ます。


それは食事に誘ったことで
自分の価値を自分で測って
しまっている、ということ
もあると思います。


食事に行くか行かないかで
自分と相手に信頼関係は
あるか、自分の自信が傷
ついたりしないか、そう
考えてしまっている時点で、

もしかしたらその相手とは
良い関係、つまり長く続く
関係にはなれないのかも
しれません。





長く続く関係、つまり良い
関係が続く相手というのは、
お互いが「自然な感じ」
あることが多いのです。
自分と相手が50:50という
感じが多いので、どちらかが
我慢しなくてはならないと
いうことが少ない
のです。
相手と会って我慢しないと
いけない割合が多ければ多い
ほどストレスが溜まります
から、それで良い関係を築く
のは難しいですよね。


お互い何となくでも信頼関係
が出来ていれば、お互いが
違う意見をサラッと言える
はずです。またお互いが
人としてキチンと自信を
持てる人間ならば、相手と
違う面を見せてもそんなに
気まずくならないはずです。


相手の機嫌を損ねないように
しないといけない。

相手と同じような考え方を
しないといけない。


そんなことを常に考えながら
人間関係を構築しようとして
いるのだとしたら、それは
やはり長く続く関係には
なれない。これは友人でも
恋人でも同僚でも同じだと
思います。


関係を無理に長く続ける必要は
無いと思います。というより、
長く続けようと思って続ける
人間関係はあまりないと思い
ます。
先にも書きましたが、
長く続く関係の人というのは
何かと後腐れなく自然な感じ
なのです。



posted by ごくう at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

良い記事:優秀でも出世できない人が抑えられない感情 怒りを捨て「マインドフルネス」を取り入れよ




「怒り」の感情。
この感情にはとても怖いものが
あります。


まず「怒り」というもの自体が
自分にも周りにもマイナスの影響
を与えることがある。


そして「怒り」には自分や周りを
コントロールしてしまう力がある

ということ。またコントロールは
「怒り」を通じて自分を正当化
してしまう
ところがあることです。


このような「怒り」が短期・単発で
終わる場合はまだ良いのでしょうが、
「怒り」が長期・継続している場合
には注意が必要
です。そして何より
大事なのは「怒りが長期・継続して
いる状態」を自覚し、客観視するこ
です。


これができないと「怒りにコント
ロールされてしまう」
ことになり
ます。コントロールされてしまうと
自分の「怒り」がどこから来て
どこに向かっているのかが把握
できず、ただひたすら「怒り」に
捉われてしまう
ことになります。
これは人生にとって大きなマイナス
になってしまいます。


紹介の記事にあるとおり「怒り」
からニュートラルになるために
マインドフルネスなどを取り入れる
のも良いかもしれません。なんに
しても「怒り」にコントロール
されてしまうほど損なことは
ありませんので、「怒り」の感情に
対しては真正面から対処する必要が
ありそうです。





------------------------------------

仕事面での能力はある優秀な人なのに
なぜか出世できない。周囲に評価されず、
ここいちばんで結果を出せない。あなたの
周りにそんな残念な人をみたことはない
でしょうか。


その原因のひとつは「感情」特に「怒り」
にあるかもしれません。怒りだしたら止ま
らない。上司に、同僚に、お客に。何か
あるごとに、いつまでもイライラムカムカ。

生きていれば誰しも腹の立つような事態に
遭遇するものですが、それがいつまで
たっても収まらず、怒りを爆発させて
人間関係を壊してしまったり、仕事に
支障をきたしてしまったりする。


怒りのような激しい感情をセーブできない人
となると、いくら業績がよかったとしても、
社内での評価が高くなることはありません。
精神科医として35年の経験をもち、『マインド
フルネスの教科書』
の著者でもある藤井英雄氏
が、そんな人間の怒りのメカニズムとコント
ロール法を解説します。・・・・・


引用:東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/136417
------------------------------------


posted by ごくう at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする