2019年09月08日

良い記事:うまくいっていないという不満を持つ人ほど、日々の活動量が足りていない




中学、高校生くらいから差が目立ち
始めることなのに、あまり真剣に
議論されないのが不思議なのですが、


・色々うまくいっている人ほど勉強も
 部活も友人関係(遊び)もうまい



・逆に色々うまくいっていない人ほど
 (それほど)部活もやっていないのに
 勉強もパッとせず、友人(遊び)も
 何だか冴えない



というのを目にします。


小学校のうちはこういうことはあまり
差がないのですが、勉強や部活とやる
ことが割と多くなってくる中学、高校
あたりから、この光景は割とよく見る
光景です。


私が高校の時に友人で学園祭の重要な
係をしていて、かなり学校に拘束されて
いた人がいるのですが、その友人は
あっさり現役で早稲田と慶応に受かり、
しかもその早稲田と慶応を蹴って
北海道大学に行った
人がいます。
高校1年の娘も中学時代に「部活に
入ってないヤツは終わってるヤツが
多い、部活もやってないくせに勉強も
できない」
と言っていました。


こういうのを目にするにつけ、人には
キャパがあり、キャパが小さい人は
何をやってもいまいちパッとしない
のだ、逆にキャパが大きい人は何を
やっても上手くいく。うらやましいな
と何度も思ったものです。


しかし下の記事を読んで、キャパという
考え方はちょっと違うのかな、とも思い
ました。


▼記事はこちら

「孤独力の欠如」が生む転落劇。
なぜ犯罪者には無職が多いのか?
=午堂登紀雄






こちらの記事にあるように、むやみに
時間を持て余すような人は人生で大事な
ことが色々と欠落している気がします。


例えば・・・


----------------(引用1)-------------------

ひとりの時間を楽しめない人、つまり
孤独力の低い人間は、ヒマがあると
ろくでもないことを考えるようになります。


実際、犯罪を犯して逮捕される人の
共通点はほぼ「無職」であるように、
彼らは何もすることがなく孤独な状態に
なると、自分が何者なのか、何をすれば
よいのかわからなくなります。


彼らは、自分の思い通りにならない人生、
今の不満な状態に対し、それを改善・解決
するために何をすべきかに考えが及びません。
なぜなら、そのような内面の作業の経験が
ないからです。

-----------------------------------------------



あるいは、


----------------(引用2)-------------------

孤独になるのはイヤだからと、無理をしてでも
誰かとつながろうとする行為。繰り返しになり
ますが、それは自分を隠して接することですから、
相手も心を開いてくれず、結果としてむしろ
心の孤立を招いてしまいます。つまり自分を
さらけ出すことは、孤立しないようにする
ことです。


一方で、自立した人間は、孤独にはなりません。
というより、孤独を楽しめるから孤独を感じる
ことがないという方が正確でしょうか。

-----------------------------------------------



というように、です。


つまり、自省する意識もなく、自立もして
いない。
これは精神的な幼さだと言える
のではないでしょうか。


これらを解決するには、記事内にもあり
ますし、今回の記事のタイトルにも使わせて
もらいましたが、原因は


うまくいっていないという不満を持つ人ほど、
日々の活動量が足りていない



ので、日々の活動量を増やすことが大事
なのではないでしょうか。


今は働き方改革で労働時間も減っていると
思います。またブラック企業からもじった
「ブラック部活」「ブラックバイト」
悪いとはっきり言える世の中になってきま
した。


これはこれでとても喜ばしいことなのですが
一方で日々の活動量が減り、持て余した
時間で何をしたらよいか分からない、
という
精神的自立ができていない人にとっては
ある意味ツライ時代なのかもしれません。


そのような人は単純に今いる組織(部活
でも学校でも会社でも)から離れても、
今後そこでより力を発揮できるように
密かに勉強を続ける、とか、もしくは
まったく違う趣味や領域に時間を費やし、
プロと言われるくらいのレベルを目指す
とか、とにかく時間を良い方向に向けて
使っていくしかないのだと思います。



まずはこの「孤独」「(精神的)自立」
「日々の活動量」を意識して、今の自分
はどうなのか、大変だと思っていたけど
実は全然活動してないじゃん!
ということ
もあるのでは?と客観視することが大事
なんだと思います。




posted by ごくう at 17:03 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年09月01日

気になる記事:年金、破局のシナリオ


最近何かと話題の年金問題。
2000万円足りないとか、5年に1度の
定期健診の年金財政検証など、年金
の話題には事欠きません。


私個人としては現在の日本という
国家自体が終わりつつあり、明治維新
のような荒療治で新しい体制になる
のではないか?と考えていますので、
2000万円足りないとか2050年代には
枯渇するとかいうのは序の口だと
思っています(残念ながら現実は
もっと悲惨な目になると思ってます)。


そんな中、金で有名な豊島逸夫氏の
記事を見ました。


▼記事はこちら

年金、破局のシナリオ





この記事にあるとおり、最悪シナリオが
おそらく現実的シナリオ
かと思いますが、
やはりポイントはインフレが考慮されて
いるか、という点。



当たり前の話ですが昭和25年の100万円と
現在の100万円の価値が異なるように、
2019年と2050年とでは額面と価値が
全く異なる可能性が高いです。
そこが考慮されているかどうか。


今の日本人に多くいる「現金主義」は
もはや昭和の発想です。
iDeCo(イデコ)
やつみたてNISA、金の積み立て等を駆使し
インフレという波を乗り越えるツールは
ある程度できている。
これを利用しない
手はありません。


年金が無い、政府よどうしてくれるんだ!
などと言っていないで、素直にiDeCoで
S&P500や金の投資信託で積み立てて
いけばいいのだと私は思います。

いまさら年金が枯渇がどうのこうのと
言っている時代ではないでしょう。
それこそ古き良き昭和の発想です。
もうそういう良い時代は当分来ないと
思って間違いはないと思います。




posted by ごくう at 16:03 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年08月18日

雑務に追われたお盆休みだったけど、こういう休みも必要かな



今日でお盆休みも終わりです。

今回のお盆休みは帰省もせず、
これといった遠出もせず、ほとんど
家にいつつも普段やるとかなり面倒
くさい雑務の類を一気に片付ける
ような休み
になりました。


まずソフトバンクの2年縛りが切れる
ので、ラインモバイルに切替えを
しました(家族2人分)。これが
意外と面倒くさいのですが、これで
月々の固定費が抑えられればどうって
ことありません。


それにしてもスマホの大手キャリア
に入る意味は色々意味無いような気
がします。
キャリアメールもGメール
に変えれば一生これでいいですし、
解約となると急に割引がカットされて
しまうのもどうかと。こういうこと
なら二度とキャリアに入らず格安
キャリアで十分かなと思いました。





その他病院に行ったり(お盆休みでも
意外と病院はやってる)、夏も終わる
ので安くなった季節商品(スーパー
クールの敷パッドとか)を買ったり、
まあ別にお盆休みでもできるじゃん?
ってことなんですけど、こういう時間
がある時にこそやるとストレス負荷が
かからずゴキゲンでできる雑務という
のもある
わけで、今回はそういう休み
にしたわけです。


家族もまあそれでいいかという雰囲気
もあり、とはいっても小学生の子供は
ちょっと不満そうでしたが、それでも
少しは近場にお出かけもしてるので
まあいいか、と。休みだからといって
無理矢理非日常を求めてもそんなに
リフレッシュにならない
ことは中年
にもなればイヤってほど分かって
ますからね。


休みでも敢えて日常の雑務を消化する。
色気は全然ありませんが、こんな休みも
必要かと思ったお盆休みでした。




posted by ごくう at 12:09 | Comment(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年08月15日

BUFFALO 有線BBルータ(BBR-4HG)に感謝!



お盆休みの最中、家で使っていた
有線ルータが突然壊れました。

機種はバッファローのBBR-4HG
いう機種なんですけど。
(下記参照)



これ、実は13年前に買ってるんです。
13年間我が家のパソコンやテレビの
有線LANで繋いでいたものを、ずっと
この1台が支えてくれていました。


さすがに古い機種だから新しいもの
にするか〜、と思って価格.comで
探してみたところ・・・、この機種
まだある!しかもそこそこ売れてる!



そこで再びこのBBR-4HGを購入して
繋いだところ、我が家の有線LAN系は
バッチリ復活しました!





それにしても、2003年に発売された
この機種が2019年にもなってまだ
価格.comでそこそこ上位にいると
いうのは本当に良い機種なんですね。
2015年には「BCN AWARD」
ルータ部門で最優秀賞を取っている
みたいです。2003年に発売されて
2015年にルータ部門で最優秀賞って
すごいですよね。


本当に良い商品って機械ものでも
ロングセラーになるんですね。
安くて動作も安定していてしかも
手に入りやすい。

こんな良いルータはなかなか無い
んじゃないでしょうか?
これこそ
本当に名機だと思いました。




posted by ごくう at 23:45 | Comment(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年08月13日

暗い人とは関わらなくていい


ツイッターを見ていたらこんな投稿が
ありました。

------------------------------------------
ニューヨーカーの友達が

「悪口言う時は大抵、今の生活に満足
してない時で、彼らの共通点は「現状
維持」な人生なんだよね。人生に変化
が無いから変化のある人を妬む。
なら、変化すればいいと思わない?w
だけど、中々環境を変化することは
人間って出来ないんだよね…」


って深い話を朝からしてた。

↑ツイッター引用
------------------------------------------


こういう「現状維持」の人って
いますよね・・・(笑)。


「現状維持」で調べてみると、人間は
現状維持が基本であって、基本的には
変化を望まないらしいです。


でも・・・!


そもそも変化が無いことってあり得る
のかな?と感じます。


例えば携帯電話一つとってみてもこの
20年位で大幅に変わりました。スマホ
になったことで生活自体が変わったと
いうのもありますよね、PayPayとか。


どんなことも変化があり、そこにある
程度適応していくことでなんとかやって
いくのが普通なんです。





ところが!


現状維持の人が頑なに現状にしがみ
つくのはかまいませんが、現実の
世の中はどんどん変わっていく。

そこについていけないから不満が
出て、そこに文句ばかり言っている。



引用のツイッターにもありますが、
「なら変化したらいいじゃない?」
と思うのですが、それがなかなか
難しい(特に年をとると)。


こうなると「昔は良かった・・・」
ということになるのです。


こういうのって一言で言うと


暗い、暗すぎる!


ということかなと私は思います。
こういう人たちと飲んでると酒が
まずくなるんですよね。
結局飲んでも前向きな話もなく、
ただ飲んで騒いで終わり、かと
思いきや、いかに「現状維持」
大事かを延々と述べて変化を敵視
してるだけ。こんな「暗い」こと
はないんじゃないでしょうか?


こういう飲み会は百害あって一利なし。
さっさと見切りをつけて関わるのを
やめましょう。その時間を一緒に
過ごしてしまうと、現状維持万歳に
染まってしまい、
変化に乗ろうと
でもすると足を引っ張ってきて
「抜け駆けするな!」となるのが
オチですからね。




タグ:現状維持
posted by ごくう at 14:32 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする