2018年01月14日

ビジネスマネジャー検定にチャレンジすることにしました



私が登録しているブログサークル
というところを見ていたら、


ビジネスマネジャー検定を受ける


というブログを見つけました。
この資格は何だろう?と調べて
みますと、東京商工会議所で
行っている検定のようです。


▼サイトはこちら
東京商工会議所
ビジネスマネジャー検定試験



詳細を見てみると私の仕事に
とても役立ちそうなんですね。
産業カウンセラーもとても
役立つことが多いのですが、
このビジネスマネジャー検定も
かなり使えそうな予感。
公式の通信講座はお値段も
お手頃、期間もお手頃
という
ことで、今年はこの資格に
チャレンジしてみることに
しました。






資格を取るってそれなりに
大変なのですが、やっぱり
会社だけの見方、会社にいる
人間からだけでは得られる
知識は限界があると思います。

ですがこの資格のように体系的に
学べる仕組みがあれば、バランス
良く土台が作れそうですし、独り
よがりになりにくいでしょうし。
私のいるような小さい企業には
うってつけの資格なんですね。



ということでビジネスマネジャー
検定を頑張ろうと思います!






posted by ごくう at 22:41 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分から勝手にあれこれ忖度しても、偉くも何ともない



2017年ユーキャン新語・流行語大賞に
「忖度(そんたく)」という言葉が
選ばれました。忖度は「相手の気持ち
を推し量ること」という意味ですが、
この言葉が流行語大賞に選ばれる位、
日本では相手の気持ちを考えることが
大事と認識されているのでしょうね。


しかしこの「忖度」、一歩間違えると
忖度どころか逆になるとも言えるの
ではないでしょうか?


一歩間違えるとはどういうことかと
いいますと、


自分からあれこれ勝手に(一方的に)
忖度してしまう



ということです。


冷静に考えるとこれは忖度とは言えない
のでしょうが、「勝手に(相手に配慮
している風で実は一方通行で)忖度して
しまう」
ということは、簡単に言えば
これは親切の押し売りというか一方通行
の気配り
です。

こういうことは実は結構よくあること
なのではないでしょうか?







どうしてこのようなこと(勝手な忖度)
が起こるかと言えば、結局は


・相手に好かれたい

・嫌われたくない



という、相手より自分の気持ちが先に
来てしまっているから
でしょう。


相手に配慮しているようで実は自分の
気持ちが優先されている、というのは
忖度でも気配りでも何でもなく単なる
自己チュー
だと言えます。


また「露骨に相手に対して忖度している」
という態度は、見ていて気持ちの良いもの
ではありません。
ただのゴマすりか、
単なる親切の押し売りにしか見えない
ので、周りもウンザリしてしまうのです。


結構いませんか?自分から勝手にプレゼ
ントをあげておいて、相手もあまり嬉し
そうでもないのに「何の感謝もしてくれ
ない!」
なんて怒っている人。


自分から勝手に気を回してプレゼント
したのなら、相手がどう取ろうとも
何も文句は言ってはいけないはずです。


「忖度」とか「気をまわす」という言葉は
相手あっての配慮のはず。
それを自分で
勝手に(一方的に)やってしまっている
のは単に


・忖度しすぎ

・気の回しすぎ



というものです。こんなことをしても
誰も喜びませんしメリットもありません。



「忖度のしすぎ」「気の回しすぎ」を
偉いと思っている人は、「自分より相手」
と見せかけ、実は自分のことしか考えて
いない人です。
このような人はいろいろ
面倒なので、注意しないといけませんね。




posted by ごくう at 11:56 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月08日

【新成人に贈る】社会人は「信用がある→仲良くなる」。「仲良くなる→信用ができる」はまず無い。だから「まず仲良くなる」はやめた方がいい。






私が社会人を20年以上やってきて


社会人ならまずこれは辞めた方がいい


という行動があります。


それは「まず仲良くなろう」とすること
です。


職場に新人が入ってきたり、部署移動で
新しい人が来た場合、あるいは自分が
その立場になった場合に、


「まず新人(周り)と仲良くなろう」


としたら、多くの場合でその人は
後で苦しい立場になりがちです。
(最初だけは良い立場かもしれません)


というのも社会人は大人の世界です。
会社は営利を追求するところです。
会社は「仲良くなろう」という場
ではありません。
ここが学生とは
違うところなのですが、30代に
なっても40代になってもここが
分かってない人というのは実は
意外と多くいるのです。






社会人にまず大事なのは信用です。
まず会社内での信用があって、
それから仲良くなる、という
パターンです。


ところが「まず仲良くなろう」と
考える人は、手っ取り早く信用を
得ようとしているのか、あるいは
早く仲良くなったほうがメリットが
あると感じているのか分かりません
が、とにかく信用より先に仲良く
なることを求めてしまいます。



しかしこのような人はそもそも
社会人として信用が無いケース
がほとんどです。



すでに社内で信用を失っていて、
それでどこかに自分が信用を
してもらえる人を作っておきたい。
そういう心理が根底にあるからか、
新人なり新しく来た人に対して
「まず仲良くなろう」と考えて
しまうのです。






自分が新人(新しいところに入る
立場)の時も同じです。


前にいたところで信用が得られて
いない人ほど、次こそは皆とうまく
やりたい!
という思いが強いから
なのか、やたらと「仲良くなろう」
としてしまいがちです。


でも社会人は学生とは違うので、
そういう人に対してはどうしても
懐疑的な目で見てきます。



なのでまずは「仲良くなろう」とは
しないで、じっくり信用を積上げて
いくことが大事
です。


新人であれば仕事をキッチリやる、
つまり言われたことをキチンとやる、
次に同じ仕事が来たら周りに聞かな
くても自分で出来るようにメモを
しっかり取っておく、1週間後で
いいよと言われた仕事を4日後には
仕上げておく、など、仕事上での
信用を着実に貯金していくことです。


こうやっていくと自然と周りと仲良く
なっていくのです。
社会人は「まず
仲良くなろう」ありきではありません。






30代、40代にもなって「まず仲良く
なろう」的な人は、コントロール思考
の人が多いように思います。会社に
よってはそのような人を歓迎する時
もあるかもしれません。


しかしこういう人はたいていどこかで
大きな失敗をしてしまうことが多い

ように思います。


この失敗は私から見たら「起こるべく
して起こった失敗」です。



というのも、信用をキチンと作らず、
ただ「仲良くすればいい」的な感じで
やってきた人が、実力を問われる仕事
と向き合わざるををない時に、力が
無いので対応できなかった時、そこで
「仲がいいんだからいいでしょ?」
というノリでごまかそうとしてしまう
からです。



でも周囲はそうは見ません。
いくら仲が良くても、自分の評判まで
一緒に落ちることは嫌だからです。



「あんたの評判が落ちるのは勝手だが
私の評判まで落とそうとしないでくれ」



とこうなってしまうのです。


だから社会人は「まず仲良くなろう」
とはしてはいけないし、そんな感じで
接してくる人は「できない人が多い」
と普通の人は分かっていて、そういう
ちゃんとした人からは逆に距離を取ら
れてしまうだけなので、「まず仲良く
しよう」としても何のメリットあり
ません。



だからまずは信用を得るために仕事を
早く覚えることです。社会人と学生は
違うので、仲良くなろうと思っても
「急がば回れ」で十分なのです。




posted by ごくう at 15:23 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月07日

気になった記事:格安スマホに切り替えられない残念サラリーマンは大損している!




まずはこちらの記事をどうぞ。


▼記事リンクはこちら
格安スマホに切り替えられない
残念サラリーマンは大損している!



格安スマホ。最近はとても安く
スマホを持てるようになって
きました。かくいう私も


・LINEモバイル

・ソフトバンク


の2台持ちですが、月々の費用は
LINEモバイルが月525円、ソフト
バンクが月800円程度。2台合わ
せても1300円台
ですね。


そして中学生と妻の子供のスマホ
もLINEモバイルで各1500円程度、
小学生の子供もソフトバンクで
月800円程度。


ということで我が家では家族4人
で私が2台持ちでも7000円以内
に収まってます。



まあソフトバンクの機種(本体)
自体が安いものを選んだというのと、
期間限定サービス(ガラケーから
スマホへの切替特典)があって
特別安いのでしょうが、この
ソフトバンクも安い期間が終了
したら家族全員LINEモバイルに
乗り換えるつもり
です。






でポイントは今回の記事にもある
通り、スマホ代を抑えて浮いた分
を投資に回そうよ、
ということ。


しかし保守的な人や情報を持って
いない人は「時間が無い」「どう
しても今までのキャリアがいい」

と格安スマホを拒むようですが、
格安スマホに切り替えて節約する
だけにとどまらず、その他のこと
に対しても同じようなスタンスで
取り組んでしまうような感じが
する
のです。


つまり「本当に必要で従来キャリア
でしかダメ」、「格安スマホだと
どうしても不都合が生じるからダメ」
というのではなく、「何となく」
とか「今までそうだったから」、
「格安スマホはイメージが悪いから
使いたくない」。そういったこと
だけで従来スマホを使っている、と
いうスタンスは、仕事でも人生でも
同じようなスタンスでやってしまう
のでは?
そこが問題だと思うのです。


このスタンスだと知らず知らずの
うちに大損している
可能性が高く、
しかもいつまで経ってもそのことに
気が付かない。気が付くチャンスが
あったとしてもスルー(反発)して
しまう。



これはかなり怖いことではないか
と思うです。



たかがスマホのキャリアが従来か
格安かの問題なのでは?と思える
かもしれませんが、ここの選択の
仕方が他のことにも大きく関連
している可能性が高い、と思うと
「ちょっと色々考えてみようかな」
と思いませんか?私はそう感じま
した。考えさせられる良い記事だ
と思いました。


▼記事はこちら
格安スマホに切り替えられない
残念サラリーマンは大損している!



▼関連記事
SIMフリースマホ&LINEモバイル
で低コストなスマホライフ





posted by ごくう at 15:43 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月04日

ドラクエ11をやっとクリア。とても良い作品。本当に楽しめました!



私は昔からのドラクエファン。
小4でドラクエ1が出て以来、
クリアしていない&やってない
のは8と10で、他は全部やって
ます。(8はなぜか途中で辞め
てしまいました。3DS版もある
ので再チャレンジしようと
思ってます。)


その大好きなドラクエの11を
今日やっとクリアしました。

発売日に買ったのにクリア
までに5か月もかかりましたが
(総プレイ時間は100時間)
いや〜、楽しかった!


----------------------------
以下、プレイしたことがない
人には「なんのこっちゃ?」
という内容です。あらかじめ
ご了承ください。
----------------------------







今回のドラクエ11は舞台の
名前が「ロトゼタシア」、
オープニングでもチラチラと
「ロトの剣」が見えたこと
からロトシリーズと関係が
あるのでは?
ということで
発売前からプレイするのが
楽しみで仕方がありません
でした。自分の中ではドラ
クエシリーズで一番好きな
のがドラクエ3なのですが、
そこと関係があるんじゃな
いかと思うだけで本当に
ワクワクしてました。


そんな中この正月休みで
ようやくクリア。
内容は
ネタバレになるので伏せ
ますが、とにかくストーリー
やシステム、世界観など、
色々な意味で楽しかった!
本当に「原点に戻る」
いう感じでベタなところも
含めてとても安心してプレイ
できました。






ゲームでも何でも色々と
「新しい試みが大事」
いうのがありますけど、
ドラクエのように多少の
システムは変わっても
「良い意味で本質が変わ
らない(皆にとっつきやすい、
意地悪なところがない)」

というのは大事だと思い
ます。


自分の中ではドラクエ3が
一番でしたけどドラクエ11
をプレイしたら


ドラクエ3 ≒ ドラクエ11


くらいになりましたね。


今回は3DSでプレイしましたが、
これだけ面白かったらPS4を
買ってでもPS4版がやりたく
なってしまいます。


願わくば、堀井雄二、鳥山明、
すぎやまこういちで最後に
ドラクエ12を作ってほしいな
と思います。

やっぱりドラクエは最高です!




posted by ごくう at 17:32 | Comment(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする