2018年02月19日

「人情がある」とは、真摯さと公平さが伴っている情のこと



よく「人情がある」とか「人情が
無い」と言いますが、この「人情」
とは一体何なのでしょうか。


ネットで調べてみると


・人間の自然な心の動き。人間のあり
 のままの情感。
・人としての情け。他人への思いやり。

引用:コトバンク


とあります。


この言葉の意味は全くその通りだと
私は思います。これを改めて考えて
みますと、つまりは「人情がある」
とは、人に対して真摯さがあって、
かつ公平さがあること
ではないか、
と感じます。






というのは、「人情が無いな」
「こいつは人情より私情で動いて
いるな」という人を見ていると、
人に対して真摯さが無く、かつ
公正さも無い。
つまり「他人への
思いやりがない」のです。


ところがこのような人ほど「人を
助けたい」「人の面倒をみたい」
という人がいるもので、これを
人情だと勘違いしている人が
少なからずいる
のですが、これは


自分より下だと思う人に対して
助けたい、面倒を見たい


という、自分都合の特定の人への情
であり、これは人情とは呼ばない
はずです。


このような人は人情ではなく私情
が強く働いており、そこに真摯さ
や公平さはまずありません。

あるのは自分目線の、自分が上に
立ってるんだぞ〜!という意識が
ベースの情なのです。(このよう
な人は「自分が上だぞ!」という
空気を出さないで接近してくる
ので、そこが厄介なのですが。)






本当の人情とは、特定の誰かに
対して発揮されるものではなく、
全方位的に発揮されるもの。

しかもそれは無理が無く自然で
あり、決して上から目線である
ものではありません。人情と
私情を履き違えている人って
意外と多く、また見分けが
つきにくいと感じる人もいる
かもしれませんが、真の人情
には真摯さと公平さが伴う、

と覚えておけばまず間違いない
と私は思います。


▼関連記事

私情と人情を履き違えない

私情はコントロール、
人情は脱コントロール





posted by ごくう at 23:21 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年02月18日

それまでキチンとやってきた人だけがチャンスを活かすことができる



今テレビは平昌オリンピック
真っ盛り。フィギュアスケート
では羽生結弦選手が金メダルを
獲りました。すごいですね!


この快挙でテレビである女性
コメンテーターが
「それまでちゃんとやってきた
人だけが、チャンスがまわって
来た時に活かすことができる」

と言っていました。


まさにその通りだと思います。


勉強でも仕事でもそれまで
キチンとやってきた人ほど
うまくいったときに


「運が良かっただけだよ」


などと言いますが、その運を
活かせるかどうかはそれまでの
蓄積があるからこそ。
蓄積が
無かったら運が巡ってきても
活かすことはできません。






ところがこの人生のカラクリに
気付かず、何歳になっても
普段からキチンとやらず、運
だけに頼ろうとしたり、チャン
スが来た時だけ頑張ろうとする
人がいます。



しかしいくらチャンスが巡って
きたとしても、普段から力を
蓄積して来なかった人は、力
が無いのでチャンスを活かす
ことができません。
しかし
不思議とこういう人ほど、


・今回はたまたま運が悪かっただけ


・環境が悪かった、相手が悪かった


といって自分の力の無さを認めず
(自我の防衛機制?)再び同じ失敗
を繰り返してしまうことがあります。


要は普段からどれだけキチンと
やってきたか、いわゆる王道の
部分を通って過ごしてきたかが
重要なのだと思います。



人生には宝くじが当たったり
仮想通貨で大儲けしたりする
こともあるでしょうが、そう
いうことはそうそう無いもの。

どちらかと言えば普段から
しっかり力をつけておいて、
チャンスが巡ってきた時に
その力を惜しみなく発揮する、
という方が成功に近い
ような
気がします。そしてこれが
一番自然な成功法ですので、
周りからも嫉妬を買いにくい。
仮に嫉妬を買って足を引っ張
られたとしても、本当に力が
あるので簡単には潰れない。

とてもシンプルですがこれぞ
王道の成功法なのではないか
と思います。



posted by ごくう at 12:54 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年02月12日

大人になってからの付き合いは、「相手に自己肯定感があるかないか」がとても大事。




ネットを見ていたらとても気になる
記事を2つ見つけました。


一つ目はこちら。

自己肯定感の高い男性をパートナー
にしよう

女医の恋愛事情から見える大事なこと



そして2つ目の記事がこちらです。

自信のない人ほど"年下"を呼び捨て
にする

「敬語」「さん付け」で損はしない




どちらの記事も自己肯定感に関する
記事なのですが、いい大人になったら
自分に対して自己肯定感があるか、
ないかはとても大事だと思います。


というのも・・・、自己肯定感が弱い
人ほど年齢を重ねるごとに性格が悪く
なっていく、
と私が感じているから
です!


自己肯定感が低い人は、自分より下
だと思う人に対してとても偉そうです。
「自分より下」とは、年下だったり
勤続年数だったり年収だったりしま
すが、特にどうしようもない「年下」
と「勤続年数」で下に見てくるような
人ほど、本当にもうどうしようもない
くらい自己肯定感が低い人が多い

私は思います。






こういう人は基本的に自分より上の
人を無条件で嫌います
から、レベルの
高い情報、センス、話題などが入って
くるチャンス自体がない場合が多い。
こうなるともう負のスパイラルで、
どんどん下へ、下へと視点が行く
ようになる。これでは自分の成長は
まずあり得ません。


若いうちから自己肯定感が低いまま
だと、視野も狭くなって新しいこと
にもチャレンジせず、ただひたすら
ラクな人(自分より下だと思える人)
と付き合うことになるので、いい年
になっても悪い意味で面白味が無い
人が多い
気がします。


ですので若いうちから、これはもう
幼稚園、小学校、中学校という年齢
のうちから、その年齢にあった自己
肯定感を作っていかないといけない
のかもしれません。
そう考えますと
子供の頃の環境って本当に大事ですね。




posted by ごくう at 22:27 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0と1の間にこそ答えがたくさんある


物事がうまくいかない人、失敗
ばかりする人を見ていますと、
たいてい「0か1か」「白か
黒か」
という思考の人が多い
気がします。いわゆる物事を
極端に見てしまうゼロイチ思考
というものですが、このような
ゼロイチ思考は百害あって一利
なしだと思います。


というのも、よほど単純なこと
でもない限りゼロイチ思考で
解決できることってほとんど
無い
んですよね。どんなこと
でも、それこそ子供の遊び
だってゼロイチ思考だと
うまくいかないことが多い。
ましてや大人になれば仕事も
人間関係もより複雑になりま
すから、ゼロイチ思考ですと
かなりの確率でうまくいかない
んだと思います。


ですが現実はどんなことでも
0と1の間にこそ答えが多く
あり、0と1の間を埋めていく
ことこそが人の役に立つこと
だったり、自分や周りがより
良く生きていくヒントがあったり
するわけです。







このことに気付かないで生きて
いくと、0から1に無理矢理に
でも持っていこうとしてしまい
(コントロール思考)、これだと
周りの人も離れていってしまい
諫める人もいなくなり、それで
色々と失敗する確率が高くなる
わけです。


0を1にする極端な思考ではなく、
0と1を埋めていく思考になれば
ビックリするくらい簡単にうまく
いくことが多い
ように思います。
考えてみればカウンセラーの仕事は
0と1の間を埋めていくような
仕事ですが、日々の生活の中で
「0と1の間にこそ答えやヒント
がたくさんある」
という見方が
できれば、より良い仕事、より
良い人間関係、より良い人生に
向かっていくような気がして
なりません。




posted by ごくう at 04:15 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年02月04日

コントロール思考が強くなると、目の前にいる人のことが見えなくなる



自分の身近にいる人が何を考え、
何を思っているのか、身近だから
当然分かっている
と思っている人
がいます。


しかしこのような人ほど、目の前
にいる人に対してその人のことを
質問したり、気にかけたりして
いない、
というケースがあります。


例えば目の前にいる人と話をして
いても、その場にいない人のこと
を話していたり、世間一般のこと、
仕事のこと、勉強のことばかり
話している、ということです。


確かに目の前にいる人と関係が
あると言えばあるかもしれませんが、
その人の現在の(いま、ここの)
気持ちだったり、体調だったり、
どんなジャンルにしても上手く
いっているのか、それとも上手く
いっていないのか、など、そう
いう相手の肝心なことには関心
が向いていない
のです。


しかしこのような人ほど、相手と
よく話をしている、相手のことは
よく分かっている、と思い込んで
います。



いくら一緒にいる時間が長くても、
肝心の相手のことはまるで見えて
いない。このような人と一緒に
いても「自分を全然見ていない」
というのはすぐに伝わります
ので、
相手は次第に距離をとるように
なっていくのです。






どうしてこのようなことが起こる
かと言えば、それは相手をコント
ロールしようとしているから

しょう。自分がメインで相手が
サブ、という人は、相手のこと
なんか見る必要が無いのです。
(見るところがあるとすれば
相手に利用価値があるか否か、
そのくらいでしょう。)


このような人は目の前の人を
見ようとしていないため、周り
からどんどん距離を置かれます。
そしてそれが嫌なのか、ますます
コントロールを強める場合があり
ます。
そんなことをしても全く
逆効果なのに・・・。


相手と距離を縮めたかったら
まず肝心要の相手を見ること。
それが一番の王道なような気が
します。




posted by ごくう at 16:26 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする