2019年11月17日

コントロール思考になると「人に見せる人生」を歩むようになる



人生は一度だけ。

自分の人生は自分のもの。



とはいうものの、人生とは自分の
思うようにはいかないものです。
人生をコントロールしようと
すればするほど、コントロール
できないことが起こるものです。
それも全部含めて自分の人生
なのですが、なかなかそこに
気付かないことも事実
です。


コントロール思考になると自分の
人生は簡単にコントロールできる
と思うのか、それとも思いたいのか
勘違いしてしまうのですが、一番
やってはいけないことは「人に
見せるための人生」を歩むこと。





「人に見せる人生」になると、


・簡単なことにしか手を出さない
(深いことは時間がかかるため)

・嘘を平気でつく(他人をコントロール)

・他人の言うことに振り回される



など、本来の自分とは関係のない
ことにばかりに目がいくように
なってしまいます。


一時的になら問題ないのですが、
常に「人に見せる人生」にばかり
心を砕いていると、いつのまにか
それが普通になってしまい、本来の
自分を見失ってしまうのです。



本来の自分とは生まれ持った才能、
育ってきた環境でできた性格、
自分の興味など、自分の内部から
出てくるようなもの。自分の人生
なので本来の自分を活かすことが
一番いいですよね。


でもいつの間にか「人に見せる人生」
になっていて、そのことに気づいて
いない・・・。これだとどうしても
無理が生じてしまい、自分の望む
良い人生を歩むことができなく
なってしまいます。


本来の自分が望む人生を送るためにも
「人に見せる人生」になっていないか
注意して、自分の人生を無駄にコント
ロールするのはやめましょう。




posted by ごくう at 10:07 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年11月10日

良い記事:自発的な仕事ができない人が辿る悲惨な人生とは?



自発的に仕事ができない人って結構
たくさんいるような気がします。
「自発的でない」という言葉も当て
はまりますが「主体性が無い」とも
言えます。


「自発的でない」「主体的でない」
が続くとどうなるか・・・?
その末路がこちらの記事に書かれて
います。


▼記事はこちら
自発的な仕事ができない人が辿る
悲惨な人生とは?






こちらの記事で「ああそうだよな」と
思ったのは、自発的でない人は


「環境のせいにする」

「都合の良い嘘をつくようになる」


というところです。

環境のせいにし(他責)、都合の良い
嘘をつくようになる(それも平然と)
特に嘘をついても自分ではバレないと
思っているんですけど、やっぱり色々
とボロが出てしまう
んですよね(笑)。
見事に嘘をつき続ける能力があるなら
それを仕事に活かしてるはずですし。


他責思考で環境のせいにし、都合の
良いように嘘をつくようになると
どうなるか。それは単純な話で
周りから嫌われるというだけです。


では嫌われるとどうなるかと言うと
正確で有益な情報が入ってこなく
なる
ということです。


正確で有益な情報が入らず、無駄で
むしろ有害な情報しか入ってこない
(自分の都合の良い情報しか入って
こない)とどうなるか。これも単純
な話で「判断を誤るようになる」
いうことです。


判断を誤るから周りから信頼を失い、
ひどい場合はさらに嘘でごまかす
ようになる。もうこれは痛々しい
だけですね。


こういう負のスパイラルに入って
しまうとなかなかそこから抜け出す
ことは難しいです。ドラッグと一緒
で一度おいしい思いをしてしまうと
簡単には手放せないのです。
(余談ですが田代まさしはまたかと
いう感じですね。ドラッグは本当に
怖いです。)

そして落ちるところまで落ちて行く。
リストラや降格程度で済めば御の字
だと思います、もっと落ちていった
人を私は知っているので・・・。



ということでこちらの記事は若い人
はもちろん、ある程度の権限がある
中高年の人も読んでおいて損はない
良い記事です。なにはともあれ


「行動あるのみ!」


ということですね。




posted by ごくう at 16:35 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年11月04日

3連休明けの学校や仕事が嫌だと思う人に・・・・・必要以上にオフを休み過ぎてませんか?




3連休明けの学校や仕事は何となく
気が重い・・・。
こういう方は結構
多いのではないかと思います。


3連休どころか土日明けの月曜も
気が重い、月曜どころか日曜日の
サザエさんを見てるとブルーに
なってくる。「サザエさん症候群」
なんていう言葉があるくらいです
から、もはやそう思う方は珍しい
のではなく、ごく普通なのでしょう。


でも考えてみてください。
「エアコンも付けたり消したりする
よりも、ずっとつけっぱなしの方が
電気代が安い」というの同じで
オン・オフの切替は案外エネルギー
を使うものなんです。



だからエアコンと一緒で、あまり
休みの日に「休みすぎないこと」
大事なんじゃないかと。





休みの日に仕事をしろ、と言って
いるのではありません。
休みの日に掃除もしない、食事も
作らない、洗い物もしない、寝て
ばかりいる、というくらいに
スイッチをオフにはしないで、
休みの日でも朝はそこそこ早く
起きて、朝から掃除したり、外に
出て買い物をしたり、年末調整の
準備をしたり、洗い物も溜めずに
しっかりとする、など「そこそこ
に働いておく」という状態にして
おけば、オンの日になっても
スムーズに行きやすいんじゃ
ないか
と思うのです。


オンオフをつけるのは大事だと
思います。でも・・・、オンと
オフの落差があり過ぎるというか、
オフを休みすぎてしまうと、必要
以上にオンへのエネルギーが要る。

こっちのほうがしんどいのでは?
そんな気がしてなりません。




posted by ごくう at 14:30 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年11月02日

他責思考で自分のミスを真正面から受け止められない人の末路



私の会社で40代後半の社員が
そこそこ大きなミスをしでかして
しまった時の話。


会社として致命傷になりかねない
ミスなのですが、幸いにしてそこ
まで被害とはならず、結果的には
ああ良かったねという結果になった
のですが、そこに至るまで社内は
様々な解決策が提案されました。


今後〇〇にすればよい・・・。
こうしてみてはどうか・・・。



どこの会社でも同じだと思いますが
ミスを防ぐために様々な人が色々と
知恵を出し合ったのです。


しかし・・・・。


肝心のミスを起こしてしまった
40代社員はというと、


「被害額はいくらになりますかね」
「先方はどうなんでしょうね?」


といったことばかりを質問して
くるだけ。一番大事な


---------------------------------------
今後ミスを起こさないようにする
ために、自分は(もしくは皆は)
どうすればよいか
---------------------------------------



というのが全く無いのです。


私はこの人はまた同じミスをする
と思いました。また何を言っても
無駄かなと思いました。





それにしてもこのような考え方は
一体どこからくるのでしょうか?



色々考えたのですが、やはり若い
頃、それこそ中学・高校の頃から


---------------------------------------
・自分で何かをやってそれなりに
 成し遂げたことが無い

・何かにつけ他者や世の中・状況の
 せいにしてきた
---------------------------------------



という思考が身についてしまって
いるのではないのかなと思いました。
それくらい根が深いのです、この
ような他責にする人の考え方は。



このような他責思考の人は基本的に


他責にしても何も変わらない


ということに気付いていません。
他責にすることで一時的には気が
晴れるかもしれませんが、結局
自分は何も変わらない
のです。


この思考習慣が続くとどうなるか。
何も身に付けることなく、意識も
他責思考で低いまま。いくら年齢
を重ねても全然成長しない
という
スパイラルに陥ってしまうのです。


このスパイラルは恐怖です。
だって成長しない原因が他責から
来ていると気付かず、何年も同じ
ようなミスを繰り返す
のですから。


ちなみに高校生の娘にこの話を
したところ、中学生の時点でも
自責と他責の人に分かれていて、
他責の人は何を言ってるんだろう
としか思わない、相手にしても
しょうがない、
と言っていました。


中学や高校で「他責は何の意味
も無い」
と気付ければ全然問題
無いのですが、これに気付かず
中高年になってしまった場合は
年収も結構悲惨なものがあるの
ではないかと思います。
逆に言えば自責思考なら年収
アップでかつ気持ち良く仕事が
でき、ゴキゲンな人生を送れる
可能性が高い、ということ。


この差はとても大きいです。


▼参考記事

私が「何事も、他者や世の中のせい
にしてはいけないんだ」と、初めて
本気で思った瞬間のこと。




posted by ごくう at 23:40 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年10月20日

良い記事:ビジネスでもプライベートでも対人関係を円滑に進める「33%の法則」




学生でも社会人でも古今東西
悩みが尽きない「対人関係」
人が生きていく上でこの対人
関係がうまくいくかどうかで
幸福度はだいぶ差が出てきそう。
対人関係がうまくいけば人生の
悩みが半減すると言っても
過言ではないかもしれません。



そんな人生で大事な対人関係ですが、
そのことでとても良い記事を見つけた
のでご紹介します。


▼記事はこちら

ビジネスでもプライベートでも
対人関係を円滑に進める
「33%の法則」






記事内で特に良いところを引用します。

---------------(引用)---------------------

「対人関係のバランス感覚」が優れて
いる人とは、「家族」「上司」「部下」
の3者と、同じエネルギー配分(33%ずつ)
で付き合うことができる人
のことです
(今の自分にとっていちばん大切な人に、
残り1%を上乗せすると、100%になる)。
わかりやすく言うと、「家族」「上司」
「部下」を、分け隔てなく大切にする人
です。「家族に依存したり、上司にぶら
下がったりする人、部下を雑に扱う人は、
周りに気をつかわせ、協調性に欠ける
傾向がある」と青山社長はおっしゃって
います。


  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


伊藤社長からは、「33%のバランスを
意識して話したらどうか」
と教えて
いただきました。
話の内容は、「夢が33%、数字(業績)
が33%、笑い(雑談など)が33%」の
割合で組み立てる。
自分が一方的に話をするのではなく、
「自分が話す時間が33%、参加者が
話す時間が33%、余興の時間が33%」
の割合で配分する。そうすると、
参加者の聞く姿勢が変わる、という
のです。

--------------(引用)-------------------


ここでは人間関係でうまくいくコツが
書かれていますが、逆にうまくいって
いないとはまさにこの逆のパターンで、


・ベッタリくっつく(依存状態)
・変化がほとんど無い
・付き合う時間の割合がおかしい



ということがほとんどです。
つまり人との距離感がおかしい。


例えば私の子供が幼稚園の時に周りの
ママ友から嫌わていた人は、ずっと
二人でベッタリでお互いの家に頻繁に
行き来をし、その頻度がほぼ毎日、
下手をしたら土日も家族一緒にお出かけ、
みたいな人でした。


そういう人が「今度一緒にみんなで
バーベキューでもしようよ!」と
言っても、正直イヤですよね。
だってベッタリしないとしないで
距離が取られそうだし、距離を取り
すぎるとそれはそれで悪く言われそう
だしで、どっちに転んでも距離感が
面倒くさそう
だからです。


このおかしい距離感は最初はいいの
ですが、時間が経つにつれデメリット
の方が大きくなるので、どうしても、
特に年齢を重ねるにつれ距離が置かれ
がちになる
のです。


この距離感は友人でも家族でも仕事でも
すべて一緒。いい距離感、いい割合で
接することができる人は多くの人から
重宝されます、だって面倒くさくない
から。



友人に関して言えば、親友なんて人生で
2人か3人出来ればいい、
と言われますが
その理由が分かりますよね。人と程よい
距離感で付き合いつつ(色々と周りに
気を配りつつ)親友になれる人なんて
そんなに多くいるはずないですから。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

年収1億円になる人の習慣 [ 山下 誠司 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/10/20時点)



posted by ごくう at 17:58 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする